東洋医学からみる女性の一生

「女は7の倍数、男は8の倍数で体は変化する」ある製薬会社のCMでみなさんも一度は耳にされたことのあるフレーズだと思います。
今から2000年前に書かれた東洋医学の書物『黄帝内経』によると「女性は7の倍数」の年齢の時に節目をむかえ体に変化がおこると記されています。

7歳 歯が生えかわり、髪が長くなる
14歳 月経がはじまり子どもを産めるようになる
21歳 体が成熟し背丈も伸びきる
28歳 筋骨がしっかりし、髪の長さが極まり身体が盛んになる
35歳 顔の色艶にかげりが出て顔や頬のハリに衰えが現れる
42歳 顔がやつれ、髪に白いものが混じりはじめる
49歳 肉体が衰え始め、閉経を迎える。


これは、現代の閉経平均年齢とほぼ同じです。つまり2000年前も今も体の基本的な変化はほぼ変わらないといえます。
最近の日本では長寿国になり寿命はまださらに続くわけですが、『黄帝内経』ではこのような体の変化に対しての養生法が説かれています。
女性の体にはさまざまなホルモンがかかわっています。
生理、妊娠もそうですが加齢とともにホルモンバランスがかわってくると、病気ではないのにしんどいなど不調を感じることがあります。

にこにこ薬唵では、いつまでも元気で過ごせる漢方養生法で女性の健康をサポートしていきます。

よくご相談のある症状

不妊治療

不妊治療・婦人病に特化した神戸の漢方薬店です

にこにこ薬唵は神戸の三ノ宮駅前にある不妊治療や婦人病に特化した漢方薬店です。
女性のカウンセラーが、患者様の症状を丁寧にお伺いし、症状にあわせて最適な漢方をご案内しています。
・クリニックの治療だけでは改善しない
・できるだけ自然の薬で治療したい
という方に最適な漢方薬店です。

アクセス情報

住所 〒651-0094 兵庫県神戸市中央区琴ノ緒町5-3-5 グリーンシャポービル706
アクセス JR三ノ宮駅・中央口山側正面 70m 徒歩1分