不妊治療ブログ

不妊の内視鏡検査

7月14日 今日は内視鏡の日

7(な)1(い)4(し)の語呂合わせ。

 

さて、内視鏡検査の技術により胃や大腸をはじめ開腹しなくても診察や手術が可能ですよね。原型となった機器はなんと19世紀にできたそうです。

 

さて、不妊治療の分野でも内視鏡検査は活躍しています。

できれば、赤ちゃんを将来望まれる方や妊活を始めようとお考えの方は早めに受けていただくといいと思います。

 

子宮鏡検査で子宮内の状態を知ることができます。

内膜症やポリープ、卵管狭窄や閉塞などがあれば、不妊の原因になる可能性があるので早めに知ることができると、まずそこを治療することで着床を妨げる要因を排除することができます。

検査は月経が終わってから排卵日までの間に受けます。

検査の費用は子宮鏡のみで保険適用ならば3000円前後で受けることができます。自費の場合はクリニックによって違うので調べてみてくださいね。

 

ぜひ、早めに一度調べておきましょう。

 

#不妊 #子宮鏡検査

毎日のちょっとした心がけで健康な体作りができます

 

漢方薬と生活習慣の見直しであなたの健康づくりをサポートする。

にこにこ薬唵

お気軽にご相談くださいね。

 

あなたも、食材の効能を知って健康づくりをしませんか?

セミナーも開催しております。

 

にこにこ薬唵  (相談無料  要予約 電話 0800-111-4124)

神戸  漢方薬店   不妊

 

 

野菜の調理方法?・・・サラダ記念日

俵万智さんの歌集『サラダ記念日』

「この味がいいね」と君が言ったから七月六日はサラダ記念日。

 

みなさん、野菜を摂らないといけないと意識されている人も多いですよね。

1日30品目なんて言われている時代も過去にはありましたよ。

 

せっかく、野菜を食べてもうまく栄養がとれないことがあるのです。

 

ところで、あなたはどんな調理方法で召し上がっておられますか?

野菜は湯がいたり炊いたりする。

そうですね。

湯がくとかさが小さくなりたくさんんの量を食べることができますよね。

でも、水に溶けやすいビタミン(ビタミンB類、ビタミンCなどの)栄養素は水の中に流れ出してしまいますよ。

千切りキャベツやレタスはは水の中につけてシャッキとさせて食べると美味しいですよね。でも栄養分は失われてしまってるのです。

残念ですよね。

 

 

そう考えると、たまには、スープなどの調理法でお汁ごと食べてしまいましょう。

熱に強い食材ならば蒸し料理も効果的な調理法でしょうね。

 

水に溶けないけれど、油に溶けるビタミンがあります。

ビタミンA,D,Eなどです。

人参やかぼちゃ、きのこ類に多く含まれています。

このような食材は油で炒めると吸収しやすくなりますよ。

 

人参やピーマン、ほうれん草、小松菜、さつまいも、じゃがいもなどは熱を加えれも栄養素は壊れにくい野菜です。

 

逆に熱を加えると壊れてしまう栄養素もあります。

大根やカブがその一つでビタミンCや消化酵素であるジアスターゼは熱に弱いと言われています。

 

生野菜のサラダでいただくと酵素の消失は少なくてすみます。

 

野菜は、生でも熱を加えた温野菜でもバランス良く摂ることをおすすめいたします。

 

合わせて、こちらの記事も読んでいただけると嬉しいです。

毎日のちょっとした心がけで健康な体作りができます

 

漢方薬と生活習慣の見直しであなたの健康づくりをサポートする。

にこにこ薬唵

お気軽にご相談くださいね。

 

あなたも、食材の効能を知って健康づくりをしませんか?

セミナーも開催しております。

 

にこにこ薬唵  (相談無料  要予約 電話 0800-111-4124)

神戸  漢方薬店   不妊

 

 

風疹と妊活

みなさん、こんにちは。

今日もブログをご覧いただきありがとうございます。

 

今朝はクリニック受診の帰りにとし子さんがお店にやってこられましたよ。

とし子さんは41歳妊活2年目です。

 

「にこにこ先生、こんにちは。

今、クリニックからの帰り道なんですけれどお時間大丈夫ですか?」

 

「あら、とし子さんこんにちは。

どうぞ、次のお客さままでに30分ほど時間あるわ。

どうされたの?」

 

「実はね。今日クリニックで風疹のワクチン接種をしたんです。

風疹の抗体がどうやらなっかたみたいで。

でも、 2ヶ月は避妊が必要って言われたんです。

年齢が年齢だけに2ヶ月待つってちょっとキツイなあと落ち込んで帰ってきたんです。」

 

「まぁ・・・そうだったのね。

現在の子どもたちは予防接種を2回受けているんだけど、今の年齢が29歳以上の人は小児期に予防注射を1回しか受けていないのよね。

 

女性の57歳以上の人や男性なら40歳以上の人は予防注射を受けておられないのよ。

 

だから、風疹にかかっていなければ抗体を持っていない場合があるからねぇ。」

 

「そうなんですね。わたし風疹にかかったことがあるのかどうかわからないわ。でも、2ヶ月も妊活をお休みするなんで、ほんとうにイヤ。焦ってしまいます。」

 

「とし子さん、妊娠20週までに万が一風疹にかかってしまったらね。

 

先天性風しん症候群といって、妊婦さんの血液中のウイルスが体内の赤ちゃんんにも感染して、生まれてくる赤ちゃんの眼や耳、心臓などに障害がでる恐れがあるのよ。

 

その割合は、妊娠1ヶ月でかかった場合は50%以上、妊娠2ヶ月では35%といわれているからね。かかると怖いよね。でも予防接種も大事なんだけど、つらいよねぇ・・・難しいよねぇ・・・

 

今年はコロナの影響で人の動きも少ないし、外国からの訪問される人もいないので、風疹にかかられている人は少ないみたいだけどね。

国立感染症研究所 感染症疫学センター

2020 年第23 週の風疹報告数
2020 年第23 週(6 月1 日~6 月7 日)の風疹報告数は1 人であった。遅れ報告も含めると、第1~23
週の風疹累積患者報告数は77 人であり、第22 週から1 人増加した。(図1、2-1、2-2)。第23 週に診断
されていても、2020 年6 月11 日以降に遅れて届出のあった報告は含まれないため、直近の報告数の解
釈には注意が必要である。

風疹にかかったことのない人がワクチンを接種してしっかり抗体ができると、生まれてくる赤ちゃんにも生後半年くらいまでは免疫が残っていて守られるそうよ。

 

じゃあ、とし子さん、この2ヶ月を体を整える時間をもらえたと思ってみてはいかがかしら。」

 

「にこにこ先生、ふぅ~ん、そうですよね。

ありがとうございます。体を整えていくことにしますね。

それなら、妊娠を心配することもないので、ちょっと2泊3日くらいの旅行の計画も立てようかな・・・」

 

「あら、いいわね。

気持ちものんびりできそうやね。

でも、冷やさないこと。

それと、規則正しい生活だけは続けておいてね。」

 

 

とし子さんは、明るく帰っていかれました。

 

みなさんも、予防接種や流産のあとなどで避妊しなければいけないことがあるとかもしれません。

 

そんなときは、神さまからの時間のプレゼントだと割り切って、授かるための体を作ることにがんばってみましょうね。

 

赤ちゃんが授かって、母子手帳を手にしたら、かかった病気のことや受けた予防接種のことをしっかり記載しておきましょう。

 

赤ちゃんが大人になってもきっと役に立つはずだから。

 

 

記:薬剤師・和学薬膳®博士 森川彰子)

#妊活  #不妊

 

毎日のちょっとした心がけで健康な体作りができます

漢方薬と生活習慣の見直しであなたの健康づくりをサポートする。

にこにこ薬唵  ホームページ http://kanpou-kobe.com/

パパス東洋医療鍼灸院  ホームページ https://hari-papas.com/

お気軽にご相談くださいね。

遠方の方は電話でのご相談も受け付けております。

にこにこ薬唵  (相談無料  要予約 電話 0800-111-4124)

神戸  漢方薬店   不妊

 

 

 

 

 

 

 

生理痛と子宮内膜症

毎月、生理のたびにおこる生理痛。

旅行の日とかさなるのは辛いし、仕事だってはかどらない。

痛み止めのお薬飲みながら頑張るけれど、ひどいときは寝込むしかない場合だってありますよね。

 

にこにこ薬店の事務員のあっこさんもその一人です。

 

「にこにこ先生、申し訳ありませんが、生理痛がひどくて我慢できないので、早退させて頂いてもよろしいですか?」

 

「あっこさん、それは辛いわね。

いいわよ。このごろだんだんひどくなるわね。

子宮内膜症かもしれないわね。

一度産婦人科で見てもらってね。

 

あっこさんのように、年齢を重ねるごとに生理痛がひどくなったり、性交痛や月経過多などの症状があるのよ。」

 

 

「子宮内膜症?

それって、どんな病気なんですか?

 

 

「本来、子宮内腔にしか存在しない子宮内膜が子宮内腔以外のところにできるの。

卵巣だったり子宮筋層内や腹膜などにできることもあるのよ。

 

子宮内膜は普通は月経とともに剥がれ落ちで体の外に排出されるんだけど、子宮内腔外で増殖した内膜は体の中にそのまま留まることで炎症や癒着をおこしてしまうのよ。」

 

「そんな病気もあるんですね。

あ、あ・・痛い。先生、帰りますね。」

 

あっこさんは痛みに耐えられず帰ってしまいました。

 

子宮内膜症は命には関わりませんが、不妊症の原因になることがあるので妊娠をいずれ望んでおられる方は治療する必要があります。ホルモンによる治療をおこなう場合は生理を止めるので、赤ちゃんを早く望んでおられる方はドクターに相談しましょうね。

 

中医学ではしこりのひとつと考え、血の巡りが悪いことが原因と考えられています。体を冷やさない。貧血にならない。ストレスはなるべく回避する。体を締め付ける下着はつけない。睡眠不足にならない。

 

など、生活にも気をつけましょうね。

記:薬剤師・和学薬膳®博士 森川彰子)

#妊活 #子宮内膜症

 

毎日のちょっとした心がけで健康な体作りができます

漢方薬と生活習慣の見直しであなたの健康づくりをサポートする。

にこにこ薬唵  ホームページ http://kanpou-kobe.com/

パパス東洋医療鍼灸院  ホームページ https://hari-papas.com/

お気軽にご相談くださいね。

遠方の方は電話でのご相談も受け付けております。

にこにこ薬唵  (相談無料  要予約 電話 0800-111-4124)

神戸  漢方薬店   不妊

 

 

妊活するならビタミンDは外せない!

北海道など一部をのぞいて梅雨に入りましたね。

今年の梅雨は「大雨」と「気温差」に注意だそうです。

 

雨の中、とし子さんが薬店にやってこられました。

妊活をはじめて2年目の41歳のとし子さん

不妊治療専門クリニックでタイミング法、人工授精の治療をされてきました。

体外受精を初めて受けましたが残念な結果だったことから、授かりやすいカラダづくりを始められました。

 

「にこにこ先生、こんにちは。

雨ばっかりでジトジトうっとうしいですね。」

 

「とし子さん、この時期は日本人にとって体調を崩しやすいのよね。

湿気でお腹の具合が悪くなる人が多いのよ。

体の中の水のめぐりも悪くなって、頭が痛くなったりする人も多いしね。」

 

「そうなんですね。」

 

「それから、妊活さんにとって太陽が照らないってちょっと困るのよね。」

 

「へぇ~ 日焼けの心配がなくていいのかと思ったけど。」

 

「あははっ、たしかにそれはあるかな。

困る理由はね。 ビタミンD と関係があるのよ。」

 

「ビタミンD? あの骨を強くするのに関係する?」

 

「そうなのよ。そのビタミンDが妊娠や出産に関しても重要な働きをすることがわかってきたのよ。」

 

「ふぅ~ん。赤ちゃんの骨を作るために必要なのかしら。」

 

「ビタミンD は脂溶性ビタミンの1つで、きのこ類など植物由来のものと魚介類、卵などの動物由来のものがあるんだけどね。

 

たしかに妊娠中にしっかり摂っていると赤ちゃんが虫歯になりにくいとか筋肉の発達がいいという報告もあるわ。

 

その他にね。体の中で合成されて子宮内膜や卵巣、胎盤、精巣に作用するのよ。

 

だから、卵の発育、着床率、流産予防、精子の質に働きかけて妊娠しやすい体作りの強い味方なのよ。

 

ビタミンD は食べ物から取り込まれたり、日光を浴びることで皮膚から作られるから、日光は大事なのよ。」

 

 

「そうなんですね。知らなかったです。

シミができたら嫌なんで、日焼け止めクリームを塗りまくっているんですけど。」

 

「その気持ちはわかるわ。

朝起きたら、カーテンを開けて、窓の外の日差しを浴びる。

 

手のひらを少し太陽に当ててみる。

 

それだけでも心がけてみてね。」

 

「わかりました。日光を味方につけます。」

 

多嚢胞性卵巣の女性や子宮筋腫のある女性はビタミンDの濃度が低い傾向があることがわかってきました。不育症や流産にも関係があるとの報告があります。

 

梅雨の時期、日照時間が短くなりますが心がけてみてくださいね。

梅雨が明けて真夏がやってきたら・・・

日焼けしすぎるのもよくありませんので、朝起きたときの太陽を少し浴びる。

そうやって、工夫してみてくださいね。

 

(記:薬剤師・和学薬膳®博士 森川彰子)

#妊活 #ビタミンD2 #不妊

 

毎日のちょっとした心がけで健康な体作りができます

漢方薬と生活習慣の見直しであなたの健康づくりをサポートする。

にこにこ薬唵  ホームページ http://kanpou-kobe.com/

パパス東洋医療鍼灸院  ホームページ https://hari-papas.com/

お気軽にご相談くださいね。

遠方の方は電話でのご相談も受け付けております。

にこにこ薬唵  (相談無料  要予約 電話 0800-111-4124)

神戸  漢方薬店   不妊

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブライダルチェックは大事

6月に入りましたね。

6月は「ジューンブライド」

6月の花嫁は幸せになれる」という言い伝えがヨーロッパ地方であります。

 

しかし、新型コロナの影響で今年は6月の花嫁は少ないかもしれませんね。

これからは感染拡大防止のために三密を控えるように言われているため、結婚式や披露宴などのあり方も変化がありそうです。

 

結婚式を挙げるかは別として、この不安定な時期だからこそ、結婚しようというカップルもおられます。

 

皆さんは「ブライダルチェック」ってご存知でしょうか?

妊娠や出産を控えた女性を対象にした婦人科系の検査です。

 

問診:月経周期や状態。既往症などを聞き取ります。

 

内診:子宮や卵巣、外陰部や膣内を調べます。

 

血液検査:風疹の抗体の有無、血液型、梅毒、クラミジア抗体、HCV(C型肝炎)抗体HBs(B型肝炎)抗体、HIV(エイズウイルス)

 

超音波検査:子宮筋腫、子宮内膜症など

 

「ブライダルチェック」という名称ですが結婚後に受けても大丈夫です。

婦人科系のトラブルを発見治療すれば、赤ちゃんを授かるための近道にもなるのです。

 

結婚されて、夫婦生活を普通にされているのに赤ちゃんができない。

半年も経つのに・・・

そんな悩みのある方は一度ブライダルチェックを受けて見られるのもいいと思います。

#妊活 #不妊

 

 

毎日のちょっとした心がけで健康な体作りができます

漢方薬と生活習慣の見直しであなたの健康づくりをサポートする。

にこにこ薬唵  ホームページ http://kanpou-kobe.com/

パパス東洋医療鍼灸院  ホームページ https://hari-papas.com/

お気軽にご相談くださいね。

遠方の方は電話でのご相談も受け付けております。

にこにこ薬唵  (相談無料  要予約 電話 0800-111-4124)

神戸  漢方薬店   不妊

 

 

 

妊活を始める前にしてほしい検査の話

これから妊活を始める人、赤ちゃんを望んでタイミングを取り始めたけれどなかなか結果が出ない人に。

まず、卵管、卵巣、子宮の検査を受けられることをおすすめします。

卵管が詰まっていたり、子宮内膜症や子宮筋腫があったりするとせっかくタイミングをとっていても妊娠しづらいことがあるからです。

生理がくるたびに心折れそうになるのはつらい。

もし、何らかの異常があるならばそれを治療されてから妊活をするほうが近道だと思うのです。

 

検査の費用はかかるけれど、時間や心の負担を考えると、検査からのスタートも一つの方法だと私は考えます。

 

検査をしたからと言って不妊治療を始める必要はありません。

 

自然に任せたいという意思を医師に伝えましょうね。

 

記:薬剤師・和学薬膳®博士 森川彰子)

#妊活 #不妊

 

 

毎日のちょっとした心がけで健康な体作りができます

漢方薬と生活習慣の見直しであなたの健康づくりをサポートする。

にこにこ薬唵  ホームページ http://kanpou-kobe.com/

パパス東洋医療鍼灸院  ホームページ https://hari-papas.com/

お気軽にご相談くださいね。

遠方の方は電話でのご相談も受け付けております。

にこにこ薬唵  (相談無料  要予約 電話 0800-111-4124)

神戸  漢方薬店   不妊

春の養生法

みなさん、こんにちは。

新型コロナウイルス感染防止の緊急事態宣言で生活が想像もしなかったほど大きく変わってしまいましたね。

みなさんは、いかがおすごしでしょうか?

春は自然界のエネルギー(気)が下から上へと昇ってきます。

人間も自然界の一部なので体のエネルギー(気)が活発に動き始めようとします。

 

ところが、環境の変化などでストレスがかかったりしてこの変化についていけなかったり、上昇するエネルギー不足になると、元気がなくなりプチうつ状態になります。

こんなときは赤みのお魚やお肉、レバー、

小松菜などの青い葉野菜をたっぷり食べて血をふやし

 

柑橘類や香りのするものセロリ、春菊、大葉、三つ葉などを料理に加えてみてね。

 

たっぷり栄養を摂るとコロナ太り

でも、外出自粛で運動不足

だから、眠れない

 

そんな方もおられるでしょうが14日で緊急事態宣言が解除された地域もでてきました。

 

今もう少し、おうちでできること。

好きな音楽をかけながら

ストレッチやラジオ体操などで体を動かしてみたりして

一緒に乗り越えましょう。

 

記:薬剤師・和学薬膳®博士 森川彰子)

#妊活 #コロナ#おうちにいよう

 

毎日のちょっとした心がけで健康な体作りができます

漢方薬と生活習慣の見直しであなたの健康づくりをサポートする。

にこにこ薬唵  ホームページ http://kanpou-kobe.com/

パパス東洋医療鍼灸院  ホームページ https://hari-papas.com/

お気軽にご相談くださいね。

遠方の方は電話でのご相談も受け付けております。

にこにこ薬唵  (相談無料  要予約 電話 0800-111-4124)

神戸  漢方薬店   不妊

 

 

 

 

 

子宮内膜を活性化(PRP療法)ってどんな不妊治療?

 

今日もブログにお越しいただきありがとうございます。

 

今日は、タカコさんが相談にみえています。

タカコさんは不妊治療中の41歳 看護師さんです。

流産を繰り返されていて、これから先の治療について不安も感じておられるようです。

一通りお話が終わったあと、最近のあたらしい治療法について話されているようですよ。

 

 

「にこにこ先生、最近再生医療のPRP療法っというのがあるときいたんですが、どんな治療法なのがご存知ですか?

 

 

「PRP療法のことかしら。

自分の血液の中からPRPといって多血小板血漿を抽出して、子宮内に注入する再生医療なのよ。

 

 

「それって、美容外科や歯科、皮膚科ですでに行われていますよね。」

 

 

「そうそう。タカコさん、ご存知なのね。

たとえば子宮内膜癒着や子宮内膜ポリープなどが理由で子宮内の外科的処置をされ、なかなか子宮内膜が厚くならない人の治療法として行われているようよ。

 

 

PRP(多血小板血漿)に含まれるさまざまな成長因子に細胞の組織を修復して成長を促したり、血管を新しく作り出したりする働きがあり、子宮内膜の細胞を活性化させることで着床や妊娠しやすくします。

 

 

「そうなんですね。

あまり流産が続くようならば、治療法の一つの選択肢になりそうですね。」

 

 

「自分の血液を使うから安全性の高い治療法だけど、厚生労働省の認可を受けた施設でないと受けることはできないので、よく調べてみてね。」

 

 

不妊治療はさらに発展し続けていますね。

諦めかけておられた方にも希望の光になりますね。

医療の技術は発展し続けますが、私たちの体は昔と比べてそれほど大きな発展はしていません。

 

だから、しっかりと毎日の生活で授かりやすい体を作りましょう。

体がしっかりとできた上で高度な治療を受けることができたら、ママになる近道だと思います。

 

今日の記事は

ジネコ 2020 Spring号 着床率を上げる新技術?!

PRP療法のこと教えて!  取材協力 英ウイメンズクリニック

より、参考にかかせていただきました。

 

記:薬剤師・和学薬膳®博士 森川彰子)

#妊活 #PRP療法#着床率

 

毎日のちょっとした心がけで健康な体作りができます

漢方薬と生活習慣の見直しであなたの健康づくりをサポートする。

にこにこ薬唵  ホームページ http://kanpou-kobe.com/

パパス東洋医療鍼灸院  ホームページ https://hari-papas.com/

お気軽にご相談くださいね。

遠方の方は電話でのご相談も受け付けております。

にこにこ薬唵  (相談無料  要予約 電話 0800-111-4124)

神戸  漢方薬店   不妊

 

 

 

妊活中の免疫力アップ法(夜ふかし、寝不足はさけよう)

今日もブログにお越しいただきありがとうございます。

風邪やインフルエンザ、ノロウイルスや新型コロナウイルスなどの感染症や花粉症が流行し、妊活中や妊娠中の方も不安になる季節です。

ウイルスを予防することは難しいですが、かかっても重症にならないための体づくりをしておかなければなりません。

 

今日も免疫力を高める方法についての話を、にこにこ先生と事務員のあっこさんが話していますよ。

 

事務員 あっこさん

「にこにこ先生、この間は腸内環境を整えるお話でしたよね。

その他にも、なにか免疫力を高めることってできますか?」

 

「そうね。

授かる体を作る上でお客さまにいつもお話していることだけど、

早く寝ることと睡眠不足にならないことやね。

免疫力は寝ている間に強化されるからね。」

 

*     *     *     *     *

 

アメリカの研究では睡眠時間が7時間未満の人は8時間以上寝ている人に比べて3倍も風邪をひきやすかったという結果がでています。

 

*     *     *     *     *

 

「そういえば、寝不足が続くと風邪を引きやすいですよね。」

 

「そうよね。

それから、寝不足や夜ふかしは自律神経が乱れるわ。

 

昼間はちゃんと交感神経が働き、夜には副交感神経が働き、バランス良く働くことが大事。自律神経はホルモン分泌にも影響するからね。

 

夜ふかしや寝不足は交感神経ばかりが優位になってしまうからね。」

 

 

「たしかにそうですね。

わたしが風邪をひいてお客さまにうつしてもだめだから、今日から気になるドラマは録画して早く休むことにします。」

 

「そうね。

私たちもお客さまにお伝えするばかりではなくて、まず、自分自身から実践しなくちゃあね。」

 

眠りについてから最初に深い眠りに入ると成長ホルモンが分泌されます。

成長ホルモンは傷んだ細胞を修復してくれます。

 

免疫力を高めるためだけではなく、質の良い卵を育てる意味でも、妊活さんは寝不足にならないようにしましょう。

 

たとえ、眠れない日があっても焦らないでね。

どうぢても眠れないとき、

そんなときは、いったんお布団から出てソファーに横たわったら眠れたということもあるでしょう。

試してみてね。

 

記:薬剤師・和学薬膳®博士 森川彰子)

#妊活 #感染症#腸活#抵抗力をつける #新型コロナウイルス #免疫力アップ

 

毎日のちょっとした心がけで健康な体作りができます

漢方薬と生活習慣の見直しであなたの健康づくりをサポートする。

にこにこ薬唵  ホームページ http://kanpou-kobe.com/

パパス東洋医療鍼灸院  ホームページ https://hari-papas.com/

お気軽にご相談くださいね。

遠方の方は電話でのご相談も受け付けております。

にこにこ薬唵  (相談無料  要予約 電話 0800-111-4124)

神戸  漢方薬店   不妊