不妊治療ブログ

冷え症と便秘

 

11月19日 今日は「世界トイレの日」

人が一生の間に使うトイレの回数は20万回とも言われています。

最近のトイレはトイレの中に入った途端便器の蓋がふわぁ~と自動で開き、用をたしたあと便器から離れたら水が勝手に流れて流してくれるという便利なものができていますね。

 

あらっ、フジ子ちゃんがやってきましたよ。

先日、お腹を壊してたんだけど、治ったのかしら・・・

 

 

フジ子

 

「にこにこ先生、こんにちは。」

 

 

にこにこ先生

 

「フジ子ちゃん、こんにちは。あれから、おなかの調子はいかが?

下痢は治ったの?」

 

 

フジ子

 

「ありがとうございます。あれからすぐに治ったんですけど、今度は便秘で。」

 

 

にこにこ先生

 

「あらあら、下痢もだけど、便秘も困ったものね。

なにか思い当たることはあるの?」

 

 

フジ子

 

「う~ん・・・なんだろうなぁ・・・

この間の下痢のとき以来、お茶やお水を控えたまま、最近水分摂らなくなったからかなぁ」

 

 

にこにこ先生

 

「そうね。水の不足が便秘の原因ということは一つ考えられるわね。」

 

 

フジ子

 

「そういえば、わたしって冬になると便秘になることが多いかもしれないなあ」

 

 

にこにこ先生

 

「あぁ、そうだ。フジ子ちゃん寒がりの冷え症さんだものね。

最近、朝晩冷え込みが厳しくなってきたからね。

からだが冷えると体温を奪われないように血管が収縮するんだけれど、血管を収縮させるのが交感神経という自律神経のひとつなのよ。

この神経が活発になりすぎると腸の動き(ぜん動運動)はかえって悪くなっちゃうのよ。」

 

フジ子ちゃんのように冬になると便秘になりやすかったり、便秘がひどくなる人はたくさんおられます。

 

冬になると便秘になりやすい人の原因

 

①体内の水分不足

 

夏ほど汗がでることもなく喉の乾きを感じにくいので水分の摂取量が減る。秋から冬にかけて空気の乾燥する季節になりカラダから水分も奪われることにより体内の水分が不足し排便が困難になりやすくなります。

 

②冷え

 

体温を奪われないように交感神経が優位に働くことにより腸の動きが悪くなる。

血管が収縮することで血液の流れが悪くなることで、ホルモンの流れや働き、新陳代謝の低下。

また、骨盤腔内に血の流れが悪い(瘀血)があると腸の運動を阻害したりして便秘をおこしやすくなります。

 

③運動不足

 

寒くなり、家の中で過ごす時間が増えて運動不足になることで腸の動きも低下してしまいます。

 

 

フジ子

 

「冷えが便秘の原因にもなるんだ。

お腹を冷やしたら、下痢になるんだとばかり思ってました。

じゃあ、カラダをできるだけ冷やさないように気をつけますね。

りんごも食べながら・・・

(参考:便秘にも下痢ににも「りんご」がいいの?http://kanpou-kobe.com/youjo/2012/ )

 

 

にこにこ先生

 

「ちゃんと、お風呂で湯船につかってね。

最近の若い人はシャワーで済ます人が多いけれどお風呂はカラダにいいわよ。

 

それでも、便秘が治らなければまた来てね。

 

便秘の原因はまだ他にもいくつかあるからね。」

 

にこにこ先生

 

「そうだ、レイ子さんは大丈夫かなあ・・・

彼女も寒がりやさんで冷え症だもの。

今度、聞いてあげよう。」

 

 

記:薬剤師・和学薬膳®博士 森川彰子)

 

 

毎日のちょっとした心がけで健康な体作りができます

 

漢方薬と生活習慣の見直しであなたの健康づくりをサポートする。

にこにこ薬唵

お気軽にご相談くださいね。

にこにこ薬唵  (相談無料  要予約 電話 0800-111-4124)

神戸  漢方薬店   不妊

 

 

 

 

 

 

 

 

 

店長のつぶやき 寄り添うって・・・

11月18日 これって、今朝の朝ごはん。

決していいお手本じゃないかもしれないけど。

 

赤ちゃんを授かる体づくりをされているお客さま、その中のお一人に今朝の私のご飯の写メを送りました。

 

彼女には食生活の改善をご来店のたびに口うるさい姑のように、しかし、優しくお話しています。

 

今では毎朝の氷を入れたスムージもやめ、毎晩のビールもやめ、たくさんタンパク質と野菜を食べようと頑張ってくれています。

お仕事をフルタイムでされていることもあるし、長年の食生活を変えるのはとても大変だと思います。

 

 

先週から食べた量を知りたいから食事の写メ送ってね。という注文に素直に従ってくれています。

その送られてきた食事はよーく考えて選んでつくられた内容ではじめてご来店のときの揚げ物中心のメニューから変わっていました。

 

とても、胸が熱くなりました。

 

わたしも、皆さんには理想だったり、こうやってほしいということをお話しますが、自分が常に完璧にできているわけではありません。

 

自分の食べたものを送ることで、一緒に考えているよ。応援してるよって伝えたい思いで自分の食べたものを送りました。

 

 

以前、ご紹介した「ひきたさん、ご懐妊ですよ」の映画をみて、妊活を頑張っておられる方々の日常と気持ちを目の当たりにして、自分はどれだけよりそうことができているのだろう。涙が止まらなくて、「お客さんに映画良かったから観に行ってね。」なんて、とても言えなくなりました。

 

 

みなさんが妊活をにこにこやくおんでしたことは良かった。と思っていただける仕事はどのようにするのがベストなのか、正解はわからないけれど、誠心誠意で自分のベストを尽くしていきたいとここ数日考えるのです。

 

記:薬剤師・和学薬膳®博士 森川彰子)

 

 

毎日のちょっとした心がけで健康な体作りができます

 

漢方薬と生活習慣の見直しであなたの健康づくりをサポートする。

にこにこ薬唵

お気軽にご相談くださいね。

にこにこ薬唵  (相談無料  要予約 電話 0800-111-4124)

神戸  漢方薬店   不妊

 

 

お肌の乾燥の季節の食べ物

立冬をむかえ、ますます空気は乾燥してくる季節です。

 

洗顔のあと、顔がツッパてきてそろそろ化粧水を冬用に変えなくっちゃて思うのは私だけでしょうか?

 

にこにこ先生と事務のあっこさんが、休憩時間におしゃべりをしています。

 

 

にこにこ先生

「あっこさん、今日は11月12日。語呂合わせで『いい、皮膚の日』なのよ。知ってた?」

 

 

あっこさん

「へぇ~、そうなんですね。

でも、先生。皮膚と肌ってどう違うんですかね?」

 

 

にこにこ先生

「そうよね、普段あまり使い分けって意識しないでつかってるよね。」

 

「簡単にいうと、皮膚は動物のカラダの表面を覆っている層のことを指して、ヒトの皮膚のことを肌ともいうのよ。」

 

 

あっこさん

「そうなんだ。知らなかった。」

 

 

にこにこ先生

「動物の種類によって皮膚の構造や役割はさまざまなのよ。

私たちは、肌の乾燥状態やキメ、色や艶、湿疹ができているなどでカラダの状態を知ることができるよね。」

 

 

あっこさん

「たしかにそうですよね。夜ふかししたらてきめんにお肌にでて、お化粧ののりが変わってくるもの。」

 

 

にこにこ先生

「秋から冬にかけて空気が乾燥する季節をむかえるから、ヒトのカラダも乾燥してくるのよ。だから、これからの季節はカラダを潤してくれる食材をチョイスして食べることでカラダの中からも潤してくれるのよ。」

 

 

あっこさん

「食べ物でカラダを潤してくれるものってあるのですか?」

 

 

にこにこ先生

「あるある。エリンギ、舞茸、しめじなどのきのこ類や梨や柿、葡萄、イチジクなどの果実類、白ごま、クルミ、松の実、ピーナッツ、ぎんなんなどの種子類がおすすめよ。」

 

「それに、舞茸、松茸、椎茸、しめじに含まれるβグルカンはがん予防にも役に立つのよ。」

 

「種子類は油が豊富、酸化しやすいので冷蔵庫で保管してね。」

 

 

あっこさん

「洗顔後のケアやお化粧品も大事だけれど、日常の生活を整えてカラダの中から美しさを作るっていいですね。」

 

 

にこにこ先生

「そうね。バランス良く食事をとって、寝不足にならないようにして、ちゃんと排泄もしなくちゃね。それにストレスもお肌の大敵だわね」

 

 

ピンポ~ン♪

 

こんにちは~

 

 

にこにこ先生

「お客さまが見えたようね。つづきはまたね。」

 

 

秋から冬は乾燥の季節。

植物も枯れ、私たち人間のカラダも乾燥してきます。

風邪を引きやすくなり、便秘だってしやすい季節です。

 

中医学(中国の伝統医学)に基づいた薬膳の考え方では、白い食材はカラダを潤すと考えられています。百合根や白きくらげ、れんこんやはちみつ、豆腐などもおすすめです。

 

   

   

 

記:薬剤師・和学薬膳®博士 森川彰子)

 

 

毎日のちょっとした心がけで健康な体作りができます

 

漢方薬と生活習慣の見直しであなたの健康づくりをサポートする。

にこにこ薬唵

お気軽にご相談くださいね。

にこにこ薬唵  (相談無料  要予約 電話 0800-111-4124)

神戸  漢方薬店   不妊

 

 

冬支度

暦の上では「立冬」をむかえました。

そろそろ、冬用の衣服や寝具、暖房器具の本格的な準備が必要になってきましたね。

最近の若い方(なあんていうとうるさいオバちゃんと言われそうですね)は薄着の方が多いように思います。もともと、日本には寒中水泳や乾布摩擦、冬の滝行などあえて、寒い思いをして精神やカラダを鍛える風習があります。

また、幼稚園でも冬でも半袖や裸足など薄着であえて抵抗力を鍛えるところもあります。

 

しかし、最近の若い方の薄着は健康を考えてというよりファッションの要素が強い気もします。

 

ほらほら、やってきましたよ。

れいちゃんは、この秋から妊活を始めたばかりの今年26歳。

 

首元があいたVネックのシャツに、長めのスカート。

長めのスカートはいいんだけれど、生足とスニーカーのコーディネート。

 

れいちゃん

「にこにこ先生、こんにちは。漢方薬は最初は泣きそうだったけどなんとか飲めるようになってきました。」

「食事も頑張ってるけど先生の言うように食べていたら太りそうで。でも、がんばってるよ。」

 

にこにこ先生

「そうなの・・・忘れずにお薬も飲み、お食事もちゃんと食べてくれているのね。がんばっているね。」

「ところで、れいちゃん。これから寒くなるから、カラダを冷やさないように服装も気をつけていこうね。」

 

れいちゃん

「うん、そう思って去年の冬は短パンで頑張ったけど、今年は長いスカートに変えたんだよ。」

 

にこにこ先生

「そうよね、スカート長いのに変えたんやね。それは大変いいことやね。」

「うるさく言うようだけど、首周りを冷やさないように首元のあるシャツを着てみようか。」

 

れいちゃん

「にこにこ先生、わたし首がある服は気になって肩がこるのよ。」

 

にこにこ先生

「そうなんだ。じゃあ、首まわりが気になるようだったら外出時にはマフラーを巻くとか。」

 

  

=冷え対策ポイント= 首、手首 足首、お腹を冷やさない

手や足は心臓から遠い位置にあること、私たちのカラダは内臓が集まっているお腹に血液を集中させようとすることから手や足が冷えやすくなります。

 

手首、足首、首には関節があり、動きやすいように皮下脂肪や筋肉もあまりついていません。だから、保温機能も乏しく皮下を通っている血管も外の冷えの影響を受けやすくなるのです。

 

れいちゃんには、このことをお話するとわかってくれました。そして、くるぶしの隠れる長めのソックスを履いてもらうよう言いました。

 

れいちゃん

「にこにこ先生、そういうわけだったのね。私今までそんなこと気にしたことなっかたわ。でも、手足がかじかむのは生まれつき冷え性だと思ってたの。」

 

にこにこ先生

「れいちゃん、冷えは万病の元って昔から言うでしょ。

冷えを改善すると、生理が整ってきて赤ちゃんの授かりやすいカラダになるからね。顔色だってもっと良くなって、お洋服のおしゃれするより、きれいになりますよ。」

 

中医学(中国の伝統医学)では、風邪や寒邪は首の後ろから入ってくると考えられています。マフラーを活用してくださいね。

 

通気性の良い素材のものを、重ね着で空気の層を作ってね。

そして、外と室内で着脱して温度調節をしましょう。

 

記:薬剤師・和学薬膳®博士 森川彰子)

 

 

毎日のちょっとした心がけで健康な体作りができます

 

漢方薬と生活習慣の見直しであなたの健康づくりをサポートする。

にこにこ薬唵

お気軽にご相談くださいね。

にこにこ薬唵  (相談無料  要予約 電話 0800-111-4124)

神戸  漢方薬店   不妊

 

 

 

 

 

 

 

 

お茶にも働きがあるよ(紅茶で温まろう)

昨日、11月1日は「紅茶の日」

10月の初めは半袖でも過ごせましたが、さすがに11月を迎えると朝夕は長袖の上にもう一枚重ねたいくらい冷えてきましたね。

 

昨日は紅茶の日だったのですが、皆さんは紅茶派? コーヒー派ですか?

普段なにげなく飲んでいるお茶やコーヒーにもカラダに働きがあるのですよ。

紅茶は、温性の働きを持ちカラダを温めてくれます。

カラダの余分な水分はとってくれますが口の乾きは癒やしてくれます。

また、心を安定させる働きもあるのですよ。

 

コーヒーは暑い地方で栽培されているからカラダを冷やすとも言われていますが、私たちが飲み物としていただくときにはコーヒー豆を焙煎しているので、冷やす作用は軽減されています。

眠気覚ましに飲まれる方も多いと思いますが、紅茶と同じように心を和らげてくれる働きもあります。

 

緑茶はカラダの熱を冷ます作用があります。

 

お茶といえどいろいろな作用があるので体調や季節で飲み分けるのもいいですね。

 

記:薬剤師・和学薬膳®博士 森川彰子)

 

 

毎日のちょっとした心がけで健康な体作りができます

 

漢方薬と生活習慣の見直しであなたの健康づくりをサポートする。

にこにこ薬唵

お気軽にご相談くださいね。

にこにこ薬唵  (相談無料  要予約 電話 0800-111-4124)

神戸  漢方薬店   不妊

冷え対策:夜寝るときの靴下

朝晩は寒くなってきましたね。

皆さんのなかには、夜足が冷たくて眠れないかたも多いと思います。

 

今日もお客さまの冷え性のレイコさんとにこにこ先生の話が盛り上がっているようです。

ちょっと、聞いてみましょう。

 

レイコさん   「にこにこ先生、わたし冷え性で冬になると寒くて手足は冷たくなるし、夜は眠れないんです。」

 

にこにこ先生 「あらあら、それはお辛いですね。」

 

  「それで、寝る前に靴下を履いて寝るんです。するとなんとか眠ることができるようになったんです。だから最近は一年じゅう履いて寝ることが多くなったんです。」

 

  「まあ、それはよかったですね。でもね、本当は靴下を履いて寝ることはおすすめできないんですよ。」

 

 

現代ではそんな話は聞かないかもしれませんが、わたしの幼い頃は「靴下をはいて寝ることは死んだ人に白足袋をはかせるのと同じで縁起が悪い」と母から叱られたものでした。

しかし、そのことが私ががおすすめしない理由ではないのです。

 

 

「私たちはね、寝る前にカラダの中の温度(深部体温)が下がると良い眠りにつけると言われてるのよ。だから、寝る前は手や足の皮膚表面から外へ熱を出して体温を下げようとするの。体温が下がると眠くなるしくみがあるのよ。」

 

「へぇ~そうなんですね。知らなかった。」

 

「だから、靴下を履くことで温度を下げることを妨げてしまうとダメなのよ。」

 

 

小さな赤ちゃんが身近におられたり、子育てをされたことのある人なら、赤ちゃんの寝る前に手や足がポカポカと暖かくなることをご存知だと思います。

 

 

テルモ体温研究所のホームページから

体温リズムと眠りやすさのリズムのグラフを添付させていただきますね。

 

 

 

「そういえば、姪っ子の足をさわっていた姉が『そろそろ、おネムね』って言ってたわ。 」

「でも、先生。やっぱりわたしの場合靴下を履かないと眠れないんです。」

 

 

そうなんです。手足を含め体の表面が冷えていると血管が収縮してしまい、深部体温を下げることができす、眠りを促すホルモンの働きが低下してしまうのです。

 

 

「眠れないのかぁ・・・それでは、まず入浴は寝る1時間ほど前に10分ほどはゆっくりと湯船に浸かって入ってくださいね。そのあと、しっかり水気をふきとり、お布団に入るまでは靴下やパジャマなど暖かくしてお過ごしくださいね。寝るときは足首を冷やさないようにレッグウォーマーをつけてもいいですね」

 

「それでも、靴下をはかないと眠れないなら、足首を締め付けないもの、通気性のいいもの(シルク素材オススメ)などのものを探してみてね。」

 

 

「にこにこ先生、ありがとうございます。試してみますね。」

 

 

お店でお客さんとお話をしていると、それぞれお体の状態や生活環境も違うので、これが正しいと決めつけられないことが多々あります。みなさんも、健康情報はあふれるほどありますが、専門家のアドバイスも参考にしながら、ご自身のカラダにとって何が合っているかを問うてみてほしいと思います。

 

さてさて、次回お目にかかったときのレイコさんのよく眠れたお話が聞けるのが楽しみです。

 

記:薬剤師・和学薬膳®博士 森川彰子)

 

 

毎日のちょっとした心がけで健康な体作りができます

 

漢方薬と生活習慣の見直しであなたの健康づくりをサポートする。

にこにこ薬唵

お気軽にご相談くださいね。

にこにこ薬唵  (相談無料  要予約 電話 0800-111-4124)

神戸  漢方薬店   不妊

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

美髪は授かり体質

明日10月20日は「ヘアブラシの日」

美しい髪は、メイクが完璧よりも他人を引きつける力があると思うんですけど、みなさんはいかがですか?

 

美髪のためにシャンプーやトリートメントやヘアブラシにこだわって使っておられる方も多いと思います。また、正しい方法でのブラッシングには髪の毛の艶だけでなく髪や頭皮の衛生管理や頭皮の血行促進効果もありますよね。

 

そして、美髪を保つには先ほどお話ししたような外からできるケアのほかに、カラダの中からの美髪を作ることも大切なのです。

 

そして、この美髪と授かり体質のお話を今日はしたいと思います。

 

髪は血の余り

 

東洋医学では「髪は血の余り」と言われています。

そして、東洋医学で言われる「血」には栄養や酸素を運ぶだけではなく、ホルモンを運んだり、カラダを潤し、気持ちを安定させる働きがあると考えられています。

 

だから、血が不足すると運ばれるホルモンも少なくなります。

女性は毎月の月経、妊娠、出産、授乳でも血をたくさん消耗します。

 

髪の毛を健やかに保つ働きのある女性ホルモン(エストロゲン)は妊娠や出産、更年期などでホルモンバランスの乱れると、髪がぱさついたり、毛が細くなったり、抜け毛が増えたりとトラブルが発生しやすくなります。

 

逆に考えると、髪の毛に艶がありコシがあり健康な美髪の女性は、「血」がしっかりと足りていて栄養やホルモンも充実しているからだの状態だと言えますよね。

 

美しい髪の人は授かりやすいカラダづくりができているともいえそうですね。

 

美髪への養生法

・バランスの取れた食事

牛肉、鶏肉、卵などの良質タンパク質やプルーンやクルミなども食べましょう。

 

・目の酷使はさけて休ませてあげましょう

夜遅くまでテレビやスマホなどで酷使するのはやめましょう。

睡眠もしっかりとりましょう。

 

・ストレスを溜めないようにしましょう

ストレスは生きているうえで避けられません。お風呂につかったり軽い運動や趣味などで発散しましょう。

 

(記:薬剤師・和学薬膳®博士 森川彰子)

 

 

毎日のちょっとした心がけで健康な体作りができます

 

漢方薬と生活習慣の見直しであなたの健康づくりをサポートする。

にこにこ薬唵

お気軽にご相談くださいね。

にこにこ薬唵  (相談無料  要予約 電話 0800-111-4124)

神戸  漢方薬店   不妊

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

食べ物の昔と今

10月16日は世界食材デー

地球上には世界の人口70億人の食事を賄うだけの食材はあります。

しかし、9人に1人、8億2100万人の人々が飢えに苦しんでいるのが現状だそうです。一方では生産された食べ物の3分の1が廃棄処分されています。

食品ロス削減や飢餓などの食材問題について考えようということで制定されました。

 

食の昔と今

 

今日はこの機会に昔と今の食材について考えてみましょう。

昔:一物全体  私たちの食べるものはもともと植物、動物としてひとつの命。「食べる部分」「食べない部分」と分けず丸ごと食べる

今:部分食  精製したり廃棄したり「食べる部分」を食べる

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

昔:土地で育った旬のものを食べる

今:温室栽培や品種改良で季節に関係なく食べる

交通機関の発達により販売地域も広がり他国からの輸入食品も食べる

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

昔:粗食  日々の生きていくために食べる

今:贅沢なごちそうを普段から食べる

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

昔:自然のままで食べる

今:養殖や添加物の入った食べ物を食べる

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

いかがでしょう。

飽食の時代をむかえている日本ですが、私たち人間も自然の一部です。

もう一度私たちのその食べるときのカラダを考えて食材を選んでみませんか?

 

(記:薬剤師・和学薬膳®博士 森川彰子)

 

はじめての食材効能薬膳

私たちのカラダは毎日の食べたもので作られています。

そして、未来のカラダを作るのもこれから毎日食べたものです。

食材の効能を知って、季節や体調、体質に合わせた食材を選ぶことで、スーパーの食材でもいつもの料理を薬膳にすることができます。

 

ぜひ、毎日の献立づくりのヒントに外食メニュー選びのヒントに食材の効能を学んでみませんか?

講座終了後テストに合格されると国際薬膳学院「食材ソムリエ」の資格を取得できます。

詳細はお問い合わせください。

 

mail:ikiikiclub818@gmail.kom  森川まで

毎日のちょっとした心がけで健康な体作りができます

 

漢方薬と生活習慣の見直しであなたの健康づくりをサポートする。

にこにこ薬唵

お気軽にご相談くださいね。

にこにこ薬唵  (相談無料  要予約 電話 0800-111-4124)

 

 

 

 

 

 

妊活食にきのこを!

 

10月15日、今日はきのこの日。

秋はきのこの季節。

でも、きのこって栄養なさそうですよね。

実は妊活の人にもそうでない人にも、健康を望む人には強い味方の食材なんですよ。

 

きのこの栄養は食物繊維だけじゃない!

きのこは低カロリー食品で水溶性食物繊維が豊富なので、お店に来られるお客様には肥満予防や便秘解消などの腸活のためにお料理に加えていただくようおすすめしています。

 

今日はきのこに秘められた栄養のお話です。

きのこの栄養ってなあに

①ビタミンD

骨を丈夫にするビタミンで有名ですが実は妊娠や出産にも重要な役割をしています。卵巣年齢を若く保つと言われています。

卵胞内のビタミンD濃度が高い人ほど体外受精治療の成功率が上がると言われ、これは、ビタミンDが着床時期の子宮内膜と胚の免疫調整をしていると考えられています。

 

ビタミンD濃度の高い男性ほど精液所見が良い傾向があると言われています。

 

子宮筋腫のある方、流産された方にはビタミンD濃度が低い傾向にあるようです。

②βグルカゴン、クレスチン、レンチナン、シゾフィランなど

免疫力アップ効果があります。がんの民間治療でも期待されて使われています。

アガリスク、霊芝、舞茸などもその効果が研究発表されています。

 

 

③亜鉛、鉄も含有

女性は毎月の月経により35歳もすぎると貧血気味の人が増えてきます。

体内にある鉄の60~70%は血液の中に存在していて酸素を送る働きをしています。赤ちゃんを授かるからだづくりのためには普段以上の血液を必要としますので鉄分は大事な栄養です。

 

亜鉛は酵素の活性に関わって免疫機構の補助、傷の治癒、精子形成、味覚感知、小児の成長などに影響をあたえます。

 

他にも栄養はまだまだありますが次回にしましょう。

 

中医学できのこの効能を考えると、生命を維持するエネルギーを補ってくれる食材になります。

このエネルギーが妊娠力を補ってくれます。

 

妊活、骨活、が手軽にできる菌活

 

わたしの学んだ国際薬膳学院 赤堀学院長は「きのこは洗わなくてもハサミでチョキチョキ切って手軽にお料理に使えるので毎日のお料理に使ってね。」と仰っていましたので、わたしはほぼ毎日食べています。

 

ぜひ、みなさんも普段のお食事に加えてみてくださいね。

 

(記:薬剤師・和学薬膳®博士 森川彰子)

 

 

毎日のちょっとした心がけで健康な体作りができます

 

漢方薬と生活習慣の見直しであなたの健康づくりをサポートする。

にこにこ薬唵

お気軽にご相談くださいね。

にこにこ薬唵  (相談無料  要予約 電話 0800-111-4124)

神戸  漢方薬店   不妊

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新米のおいしい季節に。

新米のおいしい季節になりましたね。

最近はお米の品種改良がすすみさまざまな品種が作られていますね。

あなたは、品種にこだわって食べておられますか?

私の好きな品種は北海道の「ゆめぴりか」です。

特徴は「ミルキークイーン」や「夢ごこち」などと同じで粘り、もっちり食感のグループのお米です。

 

やわらかくて、さっぱり食感のグループは「ササニシキ」、「ななつぼし」、「キララ397」

 

オールマイティーのグループは「あきたこまち」 「さがびより」

 

人気の「コシヒカリ」はオールマイティーともっちりの間の食感のグループの間になります。

 

さて、価格やお好みの食感で購入する方が多いと思いますが、飲食関係の方は作るお料理でお米を使い分けておられることも多いですね。

 

お寿司やピラフ、カレーなどもお米の品種を選びそうですね。

 

このお米のおいしい季節に、たくさんお米を召し上がっていただきたいものです。

そこで、このお米ですが精製されたものは急激に血糖値を上げやすいので、健康のためには雑穀米や玄米、もち麦などを混ぜて召し上がっていただけると、とてもいいと思います。

 

明日から日本列島に近づいてくる台風の被害が大きくなりませんように。

 

無事にお米の収穫ができることをいのりつつ。

 

記:薬剤師・和学薬膳®博士 森川彰子)

 

 

毎日のちょっとした心がけで健康な体作りができます

 

漢方薬と生活習慣の見直しであなたの健康づくりをサポートする。

にこにこ薬唵

お気軽にご相談くださいね。

にこにこ薬唵  (相談無料  要予約 電話 0800-111-4124)

神戸  漢方薬店   不妊