不妊治療ブログ

ふきのとう

昨日、デパートの食品売り場で「ふきのとう」と「タラの芽」が売っていました。

早い!

まだまだ、外は寒いのに。

しかし、夜明けも少しずつ早くなり

日も長くなってきています。

 

やはり、春の訪れはこころまちだし、うれしいですよね。

 

春の山菜は苦味やアクもあるけれど

冬の間に体内に溜めこんだ老廃物を排泄してくれます。

 

あなたも山菜を見つけたら

お料理の一品に加えてみてくださいね。

 

 

にこにこ薬唵   神戸  漢方薬店   不妊

禁酒の日

1月16日は禁酒の日。

毎晩晩酌をされる方、新年会が今夜ある方にはドキッとする日ですよね。

 

これは、1920年1月16日にアメリカで制定された「禁酒法」から

由来しています。

1933年には廃止されましたが、記念日として残っています。

 

お酒は「百薬の長」といわれ 適量の飲酒は健康にも良いと

いわれていますが、適量というのもどれくらいが適量なのか

難しいところですよね。

 

厚労省では「健康日本21」で「節度ある適度な飲酒」として

通常のアルコール代謝能を有する日本人においては「節度ある適度な飲酒」として、1日平均純アルコールで約20g程度である旨の知識を普及する。
なお、この「節度ある適度な飲酒」としては、次のことに留意する必要がある。
1) 女性は男性よりも少ない量が適当である34)35)
2) 少量の飲酒で顔面紅潮を来す等アルコール代謝能力の低い者では通常の代謝能を有する人よりも少ない量が適当である36)37)
3) 65歳以上の高齢者においては、より少量の飲酒が適当である38)
4) アルコール依存症者においては適切な支援のもとに完全断酒が必要である
5) 飲酒習慣のない人に対してこの量の飲酒を推奨するものではない

このように定義されています。

 

純アルコールで約20gといえば

ビールでいえば中瓶1本

チュウハイ(アルコール度7%)は350ml1缶

ウイスキー ダブル 1杯 にあたるそうです。

 

アルコールを摂りすぎると、活性酸素が増え

老化にも影響を与えます。

妊活中の女性には卵子の老化

妊娠中の女性にはお腹の中の赤ちゃんへの影響

男性には精子には直接影響はないようですが

大量の飲酒で男性機能の低下があります。

 

アルコールを代謝する肝機能にも負担をかけるので

適量をこころがけて楽しんでくださいね。

 

酒は飲んでも飲まれるな!ですよね。

 

にこにこ薬唵  神戸  漢方薬店   不妊

小正月 邪気を祓おう

1月15日(小正月)

日本においては、1月15日に小豆粥を食べる風習があります。

小豆の赤い色には邪気を祓う力があると考えられていて

小豆粥を食べることで、邪気から守り万病を除き

一年を健康に暮らせる願いが込められています。

 

あずきは食物繊維が豊富で肌荒れや便秘の改善をしてくれます。

むくみ解消にもおすすめです。

 

7日の七草粥からお粥が続いていますが、

今年の健康を願ってぜひ、おためしくださいね。

 

にこにこ薬唵   神戸   漢方薬店    不妊

風邪の日

1月9日は「風邪の日」

1795年の今日 名横綱 谷風が流感(インフルエンザ)に感染して

現役で死去したことから風邪の日と言われるようになったそうです。

 

現在では、よく効くお薬が次々と開発販売されて

インフルエンザで命を落とす人は減ってはきていますが

高齢者や小児にとってはやはりきつい風邪ですよね。

 

なんといっても、かからないように予防することが一番。

 

手洗い、マスク、うがい。

寝不足にならないように、食事もきちんととって

体を冷やさないように保つことで

免疫力アップ!

 

なんとか、この季節を乗り越えましょうね!

 

健康なからだ作りのご相談はお気軽に。

あらかじめ、お電話やメールをいただけるとスムーズに

ご対応できます。

mtpapas@gmail.com

0800-111-4124

にこにこ薬唵   神戸   漢方薬店   不妊

 

 

 

 

着床の窓

今日は「着床の窓」のお話です。

 

たぶん、知っておられる方も多いとおもいますが

「着床の窓」とは、受精卵が子宮内膜に着床する最適な時期のことを言います。

この窓が開いているときに受精卵が到着すれば着床しますが、

 

どんなに胚の状態が良くても、窓が開いている(子宮内膜が胚の受け入れ)状態になっていなければ着床は成立しません。

 

自然妊娠する方では、「着床の窓」が3日~4日

不妊の状態の方は1日~2日と短い傾向にあると言われています。

また、加齢とともに短くなると言われています。

 

不妊治療をしている方の中に

複数回にわたり良好な胚を移植しているにもかかわらず

着床しないケースには、「着床の窓」とのタイミングがずれていることも

原因の一つかもしれませんね。

 

「着床の窓」はホルモンの値、酵素、免疫因子、接着因子、成長因子などさまざまな因子や物質がかかわっています。

 

近年、子宮内膜着床能という検査でこの着床の窓を特定できるように

なってきました。

 

このことから、着床の窓を少しでも長く開けておく治療が進められるのも

そう遅い未来ではないかもですね。

 

 

にこにこ薬唵   神戸   漢方薬店   不妊

 

 

 

 

謹賀新年

あけましておめでとうございます。

みなさま方のご健康とご幸福をお祈り申し上げます。

今年もさらに

お役にたてるよう頑張りますのでよろしくお願いいたします。

 

ご相談のご予約ははお気軽にご連絡くださいね。

電話 0800-111-4124

 

 

 

今年もありがとうございました

今年も残すところあと4日。

にこにこ薬唵は今日が今年最後の営業日です。

新年は1月4日から営業いたします。

 

みなさまに寄り添い、健康で暮らせるからだ作りのお手伝いを

来年も精いっぱいしたいと思います。

 

感謝とともに来年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

にこにこ薬唵  神戸  漢方薬店  不妊

 

生体内の銅と亜鉛と不育症

こんにちは。

みなさんも、健康診断などでクリニックで血液検査を受けられると思います。 コレステロール値や血糖値などは気になりますよね。

 

男性の方は別なのですが、妊活の女性は

不育症採決検査という目的で検査をすることがあります。

 

甲状腺や糖、リン脂質、ミネラル、ビタミンなども検査をします。

 

この時に血液中の銅の濃度高く亜鉛の濃度が低いと

着床しにくいと言われています。

 

そんなときは、銅の含有量の多いイカ、タコ、エビ、ココアは控えめに。

亜鉛の含有量の多い牡蠣、チーズ、牛もも、鶏もも肉、豚レバーなどを

積極的に摂りましょう。

 

お気軽にご相談ください。

TEL 0800-111-4124

ikiikiclub818@gmail.com

にこにこ薬唵   神戸  漢方薬店  不妊

 

 

ゆず湯

12月22日 今日は冬至です。

冬至には「ゆず湯」に入る風習がありますよね。

柚子の香りが邪気を追い払うという考えからお風呂に入れられたようです。

 

柑橘類の香りはリラックス効果もあります。

 

最近はお風呂に入らずにシャワーで済ませる方も多いようですが

今夜はゆっくりとゆず湯につかってみてはいかがでしょう。

 

 

にこにこ薬唵   神戸  漢方薬店   不妊

 

パパス  あまから手帖

あまから手帖 新年号(12月22日発売)

御影の幻影のページに

かつての「ビストロ Papas」の一枚が掲載された。

神戸の写真家 きたばたけ けんぞう氏による作品だ。

 

寒い冬の夜、お店の前でふっと足を止めると

やさしい窓の光からは

静かな中にも、温かい心のこもった料理の香りと

温度が伝わってきそうだ。

 

わたしも、何度か足を運んだ。

 

みなさんはお気づきになられましたか?

マスターは、現パパス東洋医療鍼灸院の竹中院長。

 

お店の形は変わったけれど

院長の物静かな人柄とやさしさ。

仕事に取り組む情熱と探究心。

 

それは、昔のままだ。

 

妊活に取り組むご夫婦によりそっての治療。

 

併設するにこにこ薬唵も院長の思いに添える仕事をしたいと

そう思って、今日もがんばりたい。

 

ご相談はお気軽に。

ご予約は 電話 0800-111-4124 まで。

 

にこにこ薬唵  神戸  漢方薬店   不妊