陽気妃先生のおうちで薬膳

野菜の調理方法?・・・サラダ記念日

俵万智さんの歌集『サラダ記念日』

「この味がいいね」と君が言ったから七月六日はサラダ記念日。

 

みなさん、野菜を摂らないといけないと意識されている人も多いですよね。

1日30品目なんて言われている時代も過去にはありましたよ。

 

せっかく、野菜を食べてもうまく栄養がとれないことがあるのです。

 

ところで、あなたはどんな調理方法で召し上がっておられますか?

野菜は湯がいたり炊いたりする。

そうですね。

湯がくとかさが小さくなりたくさんんの量を食べることができますよね。

でも、水に溶けやすいビタミン(ビタミンB類、ビタミンCなどの)栄養素は水の中に流れ出してしまいますよ。

千切りキャベツやレタスはは水の中につけてシャッキとさせて食べると美味しいですよね。でも栄養分は失われてしまってるのです。

残念ですよね。

 

 

そう考えると、たまには、スープなどの調理法でお汁ごと食べてしまいましょう。

熱に強い食材ならば蒸し料理も効果的な調理法でしょうね。

 

水に溶けないけれど、油に溶けるビタミンがあります。

ビタミンA,D,Eなどです。

人参やかぼちゃ、きのこ類に多く含まれています。

このような食材は油で炒めると吸収しやすくなりますよ。

 

人参やピーマン、ほうれん草、小松菜、さつまいも、じゃがいもなどは熱を加えれも栄養素は壊れにくい野菜です。

 

逆に熱を加えると壊れてしまう栄養素もあります。

大根やカブがその一つでビタミンCや消化酵素であるジアスターゼは熱に弱いと言われています。

 

生野菜のサラダでいただくと酵素の消失は少なくてすみます。

 

野菜は、生でも熱を加えた温野菜でもバランス良く摂ることをおすすめいたします。

 

合わせて、こちらの記事も読んでいただけると嬉しいです。

毎日のちょっとした心がけで健康な体作りができます

 

漢方薬と生活習慣の見直しであなたの健康づくりをサポートする。

にこにこ薬唵

お気軽にご相談くださいね。

 

あなたも、食材の効能を知って健康づくりをしませんか?

セミナーも開催しております。

 

にこにこ薬唵  (相談無料  要予約 電話 0800-111-4124)

神戸  漢方薬店   不妊

 

 

便秘にも下痢にも「りんご」がいいの?

11月5日は「いいりんごの日」

青森県が語呂合わせから平成13年に制定しました。

 

今日もお店にフジ子ちゃんがにこにこ先生を訪ねてきましたよ。

 

フジ子

「にこにこ先生、こんにちは。」

 

にこにこ先生

「あら、フジ子ちゃん、こんにちは。顔色悪いね。今日はどうされたの?」

 

フジ子

「あのね、わたし お腹を壊しちゃって下痢になっちゃたの。なんにも食べれないの。ママがこんなときは、りんごをすりおろしたものがいいよって、すりおろしりんごをいっぱい食べたんだけど、お腹の調子治んないの。」

 

にこにこ先生

「そうなの。お腹は痛いの?なにが悪かったのかしらねぇ。」

 

フジ子

「ここ2,3日、朝晩寒かったから冷えちゃったのかも」

 

にこにこ先生

「そうよね。寒いよね。お腹治すためにりんごをいっぱい食べたのね。」

 

にこにこ先生

「そういえば、私も幼い頃、お腹を壊したらお母さんがりんごを擦ってくれていたなぁ。でもね、りんごって食べ方があるの知ってる?」

 

フジ子

「食べ方? 丸かじりとか?」

 

にこにこ先生

「あははは、そうじゃなくてね。 りんごって、カラダをちょっと冷やしてしまうのよ。熱が出ているときは冷ましてくれたり喉が渇いているときには潤してくれるんだけど、食べすぎるとお腹を冷やしてしまったり、お腹が張ったり、かえって下痢が止まらないこともあるのよ。」

 

フジ子

「へぇ~そうなんだ。 知らなかった。じゃあ、なんでママはりんごがいいって言ったのかしら。」

 

にこにこ先生

「そうね。りんごには確かに消化不良や下痢を止める働きがあるのだけど、りんごで下痢を治したいときは熱を加えた食べ方をしてみてね。「タンニン」「ペクチン」「食物繊維」が腸の調子を整えてくれるの。」

 

フジ子

「そうだったのですね。わたし、りんご食べ過ぎちゃっていたかも。」

 

 

=加熱したりんごのレシピ=

 

その1:フライパンでくし切りしたりんごを焼きます。そこにはちみつを少量かけてみてね。シナモンパウダーをその上に振ってもカラダを温めてくれるよ。

 

その2:りんごと生姜をすりおろします。それを電子レンジでチンして温めて、水溶き片栗粉や水溶き葛の上にお湯を注いでとろみがついたものと混ぜ、はちみつですこし甘みを加えて出来上がり

 

にこにこ先生「便秘のときは多めのりんごを食べるといいのよ。また下痢が治って便秘のときにやってみてね。」

 

フジ子「やってみます!同じりんごでも食べ方で働きがかわってくるんですね。おもしろいなぁ。」

 

 

1日1個のりんごは医者を遠ざけると言われるほどカラダにいいりんご。

これから、りんごが美味しい季節がやってきますね。

くれぐれも食べすぎにだけは気をつけて食べてくださいね。

 

 

記:薬剤師・和学薬膳®博士 森川彰子)

 

 

毎日のちょっとした心がけで健康な体作りができます

 

漢方薬と生活習慣の見直しであなたの健康づくりをサポートする。

にこにこ薬唵

お気軽にご相談くださいね。

にこにこ薬唵  (相談無料  要予約 電話 0800-111-4124)

神戸  漢方薬店   不妊

 

今夜は牛タンたべよう!

9月10日は9(ぎゅう)10(てん)から牛タンの日

昨日の台風による関東地方の被害は大きかったですね。

関西地方や台風が去った後の関東地方も今朝はムシムシと湿度が高く、残暑がとても厳しい状態です。

 

薬店に来られるお客さまもこの天候の変化に食欲不振をはじめ体調を崩されたり、「お子様に喘息が出たの」とおっしゃる方が増えています。

 

精をつける食べ物に「うなぎ」が頭に浮かぶ方が多いと思いますが、実は「牛タン」も今日のような日にはおすすめの食材です。

 

牛タンの効能って?妊婦にもおすすめだって?

 

中医学(中国の伝統医学)の考えにもとづいた薬膳では「牛タン」は体の余分な熱をさまし、余分な水を排出してくれる働きをすると言われています。

 

今日のような暑くて湿気が体にもこもりがちな日にはおすすめな食材なんです。

 

栄養学的にはタンパク質が豊富で100g中に15.2g含まれるが、脂質が100g中に21.7gと多い。

ビタミンB類も豊富で、その中でも特に多く含まれるビタミンB3(ナイアシン)は脂質や糖分の分解を助けてくれる。

ビクター・チャン心臓病研究所では、ビタミンB3は流産や先天性異常を低下させるという内容の論文を米医学誌「ニューイングランド医学ジャーナル」に発表したということだ。

 

ただ、脂質が多くカロリーも高いこと。

そして体を冷やす作用があるので、冷たいビールと一緒に食べすぎることのないようにしていただきものです。

 

体を温める作用のあるネギや生姜の入った温かいスープも一緒に摂ってくださいね。

 

(記:薬剤師・和学薬膳®博士 森川彰子)

 

 

毎日のちょっとした心がけで健康な体作りができます

 

漢方薬と生活習慣の見直しであなたの健康づくりをサポートする。

にこにこ薬唵

お気軽にご相談くださいね。

にこにこ薬唵  (相談無料  要予約 電話 0800-111-4124)

神戸  漢方薬店   不妊

 

 

 

まだまだ続く残暑を乗り切ろう!(残暑養生法)

残暑をうまく乗り越えることが秋バテを防ぐ!

暦では立秋をむかえましたが、まだまだ昼間は残暑がきびしい日がしばらくつづきます。

夏の間ひらいていた肌のキメはまだ開いたままのところへ、朝夕は涼しい風が吹くようになり風邪(ふうじゃ)に傷められやすくなります。

この時期は、まだ残る暑さと本格的な秋に備えることが大事です。

 

秋のトラブルは大きく分けて2つ

①寒暖差による秋風邪(食欲不振・だるさ・冷え)

②乾燥によるトラブル(肌・呼吸系)

 

=秋風邪の予防=

・皮膚呼吸を活発にして風邪を発散させましょう。

・乾燥が原因の粘膜の炎症を潤してあげましょう。

・お腹を温めたり、スタミナをつけて免疫力UP

 

~おすすめ食材~

白ネギ、葛粉、梨、大根、山芋、百合根 など

                     

 

 

 

=乾燥トラブル対策= 体の中から潤い美人

・肺の機能を活性化しましょう。

・肺の潤いアップして機能低下を防ぎましょう。

~おすすめ食材~ キノコ類・果物類・種子類

 白きくらげ 舞茸 しめじ 栗 くるみ 落花生 ぎんなん 桃 梨 ぶどう 柿 

いちじく りんご

        

 

 

*舞茸、松茸、椎茸、しめじに含まれるβーグルカンはがん予防に。

*潤いUPなら白きくらげ、エリンギが一番!

*エリンギには葉酸が含まれています。

*補気力の高さは「桃」体も温める性質。仙人も手にされてますよね。

*いちじくは浣腸でおなじみ!肺も大腸もケア。お通じ出ます。

*りんごは下痢にも便秘にもどうぞ!

*ナッツ類は油が豊富。酸化しやすいので冷蔵庫で保管してね。

 

(記:薬剤師・和学薬膳®博士 森川彰子)

 

毎日のちょっとした心がけで健康な体作りができます

 

漢方薬と生活習慣の見直しであなたの健康づくりをサポートする。

にこにこ薬唵

お気軽にご相談くださいね。

にこにこ薬唵  (相談無料  要予約 電話 0800-111-4124)

神戸  漢方薬店   不妊

お米って炭水化物やけど、ええ奴やねん。

炭水化物ダイエットってはやってるけれど

8月18日は「米」の字を分解したら「八」「十」「八」になることから『お米の日』

 

でも、最近は糖質制限やら炭水化物ダイエットとか大流行です。

そもそも、「炭水化物」は「タンパク質」「脂質」とならんで3大栄養素の一つです。

 

 

味は甘く、脾や胃つまり消化吸収の力を補ってくれてエネルギーを作ってくれる食材なのです。中医学では「粳米(コウベイ)」といわれ漢方薬の生薬としても使われています。

 

土に植えて芽を出す食材にはエネルギーが宿り、食べるとエネルギーになると考えられています。

 

白米を土に植えても芽は出ませんよね。

だから、きれいに精米された白米ではなく玄米のほうがミネラルも豊富で栄養価が高いのです。

そして、豊富な食物繊維は血糖値の上昇を緩やかにしてくれます。

腸内環境を整えてくれます。

 

糖質制限や炭水化物ダイエットが必要な方もおられます。みなさんもご存知の糖尿病にかかっておられる方がその代表です。

 

今、病を患っておられなかったり、食事制限を受けておられなければ、食べ過ぎはいけませんが、米飯を食べることは大事だと思います。

 

さあ、今日はあっつあっつのご飯でお塩の効いたおにぎりを握って食べませんか?

 

毎日のちょっとした心がけで健康な体作りができます

 

漢方薬と生活習慣の見直しであなたの健康づくりをサポートする。

にこにこ薬唵

お気軽にご相談くださいね。

にこにこ薬唵  (相談無料  要予約 電話 0800-111-4124)

神戸  漢方薬店   不妊

 

 

 

 

 

 

夏バテ予防・妊活におすすめ 桃と甘酒のコラボ!

陽気妃先生のおうちで薬膳 ~妊活・夏バテ予防~

飲む点滴・甘酒と温め果実の桃のコラボ♪

甘酒は実は夏の季語。

腸内細菌の餌となるオリゴ糖やビタミン類、食物繊維が豊富です。

麹菌にはさまざまな酵素(アミラーゼ、リパーゼ、ペプピナーぜなど)が含まれています。腸内環境を整え、疲労回復効果のある「飲む点滴」甘酒。

 

妊活中の食欲不振、夏バテや夏の疲れを秋まで持ち越さないように、体を温めてくれる桃と一緒にこんな栄養ドリンクいかがでしょう。

 

桃の甘酒のジュース

 

材料:  桃1個

甘酒(米麹からつくられたものでそのまま飲むタイプ)200ml

作り方: 桃の皮を剥き適当な大きさに切る。

桃と甘酒をミキサーにかける。

 

*甘酒の薄めるタイプを使う場合は豆乳・牛乳・水などで薄めてね。

*氷を2~3個一緒にミキサーにかけると飲みやすいですよ。

 

桃と甘酒の冷製スープ

材料:  桃 1個

甘酒(米麹から作られたもので薄めて飲むタイプ)150ml

豆乳(牛乳でもよい) 100ml~150ml

作り方: 桃の皮を剥き適当な大きさに切る。

桃と甘酒と豆乳をミキサーにかける。

*クーラーや水泳などで体が冷えているときはシナモンパウダーをトッピング♪

 

(記:薬剤師・和学薬膳®博士 森川彰子)

 

毎日のちょっとした心がけで健康な体作りができます

 

漢方薬と生活習慣の見直しであなたの健康づくりをサポートする。

にこにこ薬唵

お気軽にご相談くださいね。

にこにこ薬唵  (相談無料  要予約 電話 0800-111-4124)

神戸  漢方薬店   不妊

 

 

 

 

 

マッシュルームは子宝薬膳

8月11日は「マッシュルームの日」

「きのこの父」と呼ばれている森本三郎氏の誕生日にちなんで制定されました。マッシュルームはきのこの仲間ですが、洋食の食材のイメージが強いですよね。しかし、和食や中華にも結構使えます。

 

きのこ類は気(エネルギー)を補ってくれます。

血糖値の上昇を抑えてくれたり免疫力アップをしてくれます。

 

話はすこし変わりますが、以前は無菌だと考えられていた子宮にもたくさんの細菌(乳酸桿菌)がいることがわかってきました。

 

そして、乳酸桿菌の割合が高いほど着床率や出生率が高いことがわかってきました。子宮内フローラーを整えるために抗生物質とサプリを服用することもあります。

 

子宮と腸はつながってはいませんが、子宮も腸も、外界とつながっている臓器です。腸内フローラーを整えるように発酵食品と菌の餌となる食物繊維を摂り、子宮内フローラーを整えていきましょう。

 

その食物繊維の代表がきのこ類なのです。

 

マッシュルームの日。

炒めものにもスープにもサラダにもアレンジ自在。

 

召し上がってくださいね。

 

毎日のちょっとした心がけで健康な体作りができます

 

漢方薬と生活習慣の見直しであなたの健康づくりをサポートする。

にこにこ薬唵

お気軽にご相談くださいね。

にこにこ薬唵  (相談無料  要予約 電話 0800-111-4124)

神戸  漢方薬店   不妊

 

 

 

 

夏の冷え対策にスープはいかが?

【陽気妃先生のおうちで薬膳】

夏の冷え対策にスープはいかが?

日本各地で梅雨明け宣言が報じられ、蒸し暑い日が続いています。暑いけれど、これまた冷える季節の訪れでもあります。

 

家でもクーラーのスイッチを入れないとなかなか一日を快適には過ごせません。スーパーにお買い物に行っても、冷蔵品コーナーの前では寒くて震えてしまうことも。私だけ???

 

移動の乗り物の中も、オフィスをはじめ建物の中もガンガンにクーラーが効いています。

 

日本の夏、クーラーの夏。

暑くなるほど冷えない対策が必要ですね。

特に、妊活中の方や妊娠中の方は気をつけていただきたいのです。

そこで、夏の冷え対策のひとつ。

薬膳師でもある陽気妃先生からのおすすめは、お食事に温かいスープを加えること。

 

えっ?

こんなに暑いのに?

スープは冬の食べ物と違うの??

 

常温の飲み物を飲むほうがいいことがわかっていても、冷たいビールを飲みたい日もあります。アルコールでなくても冷たい麦茶が飲みたい・・・いや、すでに飲んでしまった。

 

胃の中が冷えると消化酵素が働かなくなり、消化不良や下痢、食欲不振に繋がりますね。

 

温かいスープに具をたくさん入れるだけでも、贅沢な一品になりますよ。スープにすることで暑さと湿気で弱った胃腸でも消化しやすい調理方法です。

 

ぜひ、スープを毎日の食卓に加えてみてね。

ジャパニーズ・みそスープも発酵食品でおすすめです!

 

毎日のちょっとした心がけで健康な体作りができます

 

漢方薬と生活習慣の見直しであなたの健康づくりをサポートする。

にこにこ薬唵

お気軽にご相談くださいね。

 

あなたも、食材の効能を知って健康づくりをしませんか?

陽気妃先生による楽しく学べるセミナーも開催しております。

食材資格講座については ここへ↓

資格講座 はじめての食材効能薬膳 

 

にこにこ薬唵  (相談無料  要予約 電話 0800-111-4124)

神戸  漢方薬店   不妊

 

 

 

 

子宝薬膳のヒント!

【陽気妃先生のおうちで薬膳  子宝薬膳】

アルギニンの話

いつもお店に来ていただくお客様には、タンパク質は質の良い卵をつくるからしっかり動物性タンパク質、植物性タンパク質をあわせて一日に 体重×1.2

から 少なくても体重×1g 摂っていただくようお話をしています。

 

タンパク質は私たちの筋肉、皮膚、血管、臓器など主な部分を作っています。

 

タンパク質は、からだの中で、アミノ酸やアミノ酸がつながったペプチドに分解され、それから必要なタンパク質に合成されます。

 

そのアミノ酸の中の一つである「アルギニン」のお話です。

アルギニンには成長ホルモンの分泌を促したり、骨格・筋肉の成長、免疫力アップ、疲労回復効果があります。

 

子どもの成長には欠かせないアミノ酸なのですが、男性にも充分に摂っていただきたい栄養素なのです。

 

アルギニンは性ホルモンである「テストステロン」の生成に欠かせないアミノ酸なのです。精子の数や運動率を高める効果があるのです。

 

勃起力をアップしてEDの改善をします。

 

このアルギニンを不足させないためには、タンパク質を女性だけではなく男性も摂っていただきたいのです。

 

男性では 1日 体重×1.5gのタンパク質を摂っていただければと思います。

 

アルギニンを豊富に含む食材

・大豆製品  豆腐、納豆、おから、きなこ、厚揚げ

・えび、マグロなどの魚介類

・鶏肉、豚肉などの肉類

・ナッツ類

 

1日あたりのアルギニンの適正摂取量  2~9g

 

鶏もも肉1枚 約3.75gのアルギニンが含まれています。

 

アルギニンを摂りすぎると「腹痛、下痢」を起こすことがあるので、注意しましょう。

 

 

納豆や卵は安価で手軽にタンパク質を摂ることができます。

 

意識して摂ってみてくださいね。

 

 

 

毎日のちょっとした心がけで健康な体作りができます

 

漢方薬と生活習慣の見直しであなたの健康づくりをサポートする。

にこにこ薬唵

お気軽にご相談くださいね。

 

あなたも、食材の効能を知って健康づくりをしませんか?

陽気妃先生による楽しく学べるセミナーも開催しております。

食材資格講座については ここへ↓

資格講座 はじめての食材効能薬膳 

 

にこにこ薬唵  (相談無料  要予約 電話 0800-111-4124)

神戸  漢方薬店   不妊

 

 

 

 

 

【夏の養生法&八宝薬膳粥 セミナー】開催いたしました。

7月17日 明石にある日蓮宗 本松寺さんに於いて【夏の養生法&八宝薬膳粥」】を開きました。初めて参加されたかたも3名おられましたが、薬膳がお手軽にできることがわかり良かったと言ってもらえて スーパーの食材でできるおうちで薬膳シリーズとしては嬉しいかぎりでした。

8月のセミナーは

【陽気妃先生となつめちゃんの食養薬膳セミナー&こどもごはん】

8月18日 12:00~14:00 三宮