季節の養生

春の養生法(春本番をむかえて)

 肝の養生する季節

桜の季節をむかえていよいよ春本番ですね。

寒い冬から暖かくなり自然界のエネルギー「気」が下から上に昇ってきます。人間も自然界の一部なのでエネルギー「気」が下から上に昇ってきます。

 

東洋医学では、春は「肝」の季節です。

「肝」には全身の「気」を順調にめぐらせる働きがあります。

また、精神状態を安定させる。消化を助ける。「血」を貯蔵、補給する働きがあります。

木の性質をおびた「肝」は樹木が伸びるように精神的にもストレスのないのびのびした状態を好みます。

「肝」の働きがこの自然界の上昇スピードに追い付かなかったり、エネルギー不足になったり、入学や転居、転勤など環境の変化の多い春の季節に外界からのストレスをうけると、のびのびすることができなくなり、不安を感じたり、イライラしたり、ちょっとしたことで腹がたったり、落ち込んだり、やる気が出なかったりと情緒不安定になりやすくなります。

いわゆる「五月病」といわれている症状ですよね。

 

こんなときは「肝」を養い、「気」のめぐりを良くしてあげましょう。

 

①軽い運動やストレッチで気を流しましょう。

 

②「春眠暁を覚えず」そんなこと言って、いつまでもお布団の中にいないでね。

春は早起きがつらい季節ですが、朝目覚めたらカーテンを開け、散歩を楽しむのもいいですよ。

 

③食養生・・・気のめぐりを良くする食材

a肝の元気が不足のタイプ

 

肝は「血」を貯蔵したり、血液の流れを利用して栄養をめぐらせ、老廃物を排泄する新陳代謝に関わっていますが、「肝」の機能が弱ると血液の流れも不足してきます。

「気」の上昇も足りなくなり、やる気や元気がなくなりプチうつ症状になります。

肩が凝ったり、めまいや不眠、精神状態が不安定になったりします。

 

こんなときのおすすめ食材

ぶどう  松の実  クコの実、 カツオ・マグロなどの赤身の魚、なつめ

 

 

小松菜  ほたて貝   いか   レバー

 

 

b「気」が上がりすぎタイプ

 

肝のエネルギー(気)が上がりすぎるとイライラしたり怒りっぽくなったり、頭痛、めまい、高血圧のような症状がでます。

 

上がった気を鎮め降ろさないとなりません。

こんな時は貝殻付きの貝のお料理を召し上がってくださいね。

たとえば、アサリのお味噌汁、ボンゴレスパゲティなど。

 

 

 

「肝」を鎮める“苦味”上昇し過ぎを抑える“酸味”発散させる香りのするもの。

 

 

こんなときのおすすめ食材

セロリ たらの芽などの山菜 クレソン 三つ葉 菜の花 春菊 大葉

 

 

柚子(文旦)  オレンジ  レモン  ミカン  金柑

 

 

あと、カリカリ梅をぽりぽり音をたてて噛んだり(種には注意してね)

炭酸水をシュワーと飲んでゲップを出しても「気」が流れます。

ただし、お行儀が悪いとひんしゅくかわないようにこっそりと。

 

ウコンなどの香辛料やハーブやアロマも生活に取り入れてみてくださいね。

春の養生法(立春をむかえて)

【春の養生法(立春をむかえて)】

=からだの中のお掃除の季節=

 

立春をむかえまだまだ寒い中にも春の訪れを感じる季節になりました。

旧暦ではこの季節から1年がはじまります。

 

熊は冬になると冬眠し、春まで飲まず食わず、排泄もせずに春をむかえます。

春先になり気温も上昇し、植物も芽吹きだす頃冬眠から目覚めます。

そして、芽をだした山菜や熊ザザを口にするのです。

 

人間は冬眠こそしませんが、冬の季節は体温、体力温存のためにからだを動かすことも少なくなり代謝も下がり栄養を貯めこんで過ごします。

 

春になり気温も上昇し植物も芽吹き出し自然界のエネルギーが上がってくると新陳代謝もあがってきます。

冬の間に溜まっていた老廃物をまずは出しましょう。

 

「春は苦みを盛れ」

 

山菜には「アクが強いもの」や「苦み」のあるものが多いですよね。

 

 《山菜の主な栄養分》

植物性アルカロイド(苦み・香り)  ビタミン類   ミネラル

《効能》

抗酸化作用   解毒(デットストック作用)

 

 

日本以外でも行われている昔からの解毒の習慣。

 

ヨーロッパでは冬になると野菜類が不足していました。

乳製品や肉などの保存食を中心とした食事が中心でしたが、これらを多く摂るとからだに毒(余分な脂肪や老廃物)が溜まります。

だから、春になるとタンポポなどの解毒力の強い食材で排出する習慣があります。

 

アポリジニーヤアメリカインデアンも伝統的に解毒力のあるハーブをつかっています。

 

解毒することで健康なからだづくり、老化防止、不妊症、アレルギー、がん予防をしましょう。

健康なからだ作りのお手伝い

ご相談は無料です。

お気軽にご相談ください。(要予約)

にこにこ薬唵 電話 0800-111-4124

 

にこにこ薬唵   神戸   漢方薬店  不妊

残暑の養生法

残暑の養生法

暦では立秋をむかえましたが、

まだまだ昼間は残暑がきびしい日がしばらくつづきます。

夏の間ひらいていた肌のキメはまだ開いたままのところへ、

朝夕は涼しい風が吹くようになり風邪(ふうじゃ)に傷められやすくなります。

この時期は、まだ残る暑さと本格的な秋に備えることが大事です。

 

秋のトラブルは大きく分けて2つです。

①寒暖差による秋風邪(食欲不振・だるさ・冷え)

②乾燥によるトラブル(肌・呼吸系)

 

 

=秋風邪の予防=

・皮膚呼吸を活発にして風邪を発散させましょう。

・乾燥が原因の粘膜の炎症を潤してあげましょう。

・お腹を温めたり、スタミナをつけて免疫力UP。

 

~おすすめ食材~

主に白い色の食材です。

 

白ネギ 葛粉 生姜 梨 大根 うなぎ

山芋 にんにく ゆりね にらなど。

 

にこにこ薬唵  神戸  漢方薬店  不妊

 

梅干しの日

7月30日 きょうは梅干しの日。

「梅干しを食べると難が去る」という昔からの言われから

「なん(7)がさ(3)る(0)」の語呂合せだそうです。

 

「難が去る」って言うからには、良いことがたくさんありそう。

 

紀州効能研究会の研究によると、

①脂肪燃焼作用:効果が期待される「バニリン」という

成分が含まれている。

 

②胃がん予防:胃に障害を及ぼすヘリコバクターピロリ菌の

運動能力を抑制する効果のある物質が含まれている。

 

③糖尿病予防:、酵素(α-グルコシダーゼ)の働きを効果的に阻害する成分

が含まれるため、血糖値の上昇を効果的に抑制する。

 

などなど、多くの効能が科学的データーとともに記されています。

ご興味のある方は観てみてね。

 

一般的には

梅干しに含まれるクエン酸がエネルギー代謝を促進して

疲労回復したり、抗菌作用で食中毒を予防したりすると

言われています。

 

きょうのお昼は

コンビニ弁当の人も

梅干しのおにぎりをチョイスしてみてはいかがでしょう。

 

 

にこにこ薬唵  神戸   漢方薬店   不妊

うなぎと妊婦さん

今年の夏の「土用の丑の日」は7月20日と8月1日です。

妊活中のご夫婦にはぜひ食べていただきたい「うなぎ」ですが

「妊婦さんはうなぎを食べたらいけない」なあんて聞かれたこと

ありますか?

 

 

うなぎはたんぱく質やビタミン類も豊富。

なのに、どうして・・・

 

それは、うなぎは動物性のビタミンA(レチノール)が豊富だからなのです。

 

妊娠中に摂取上限を超える量をとると、胎児に先天性の奇形障害が出やすいといわれています。

 

うなぎ約1/3本 100gとして1500μgRAEのビタミンAが含まれています。

妊娠中のビタミンAの一日の摂取上限量は、2700 μgRAE(レチノール活性当量) とされています。

 

食べてはいけないことはないのですが、食べる量に気をつけましょう、ということですね。

 

にこにこ薬唵   神戸  漢方薬店   不妊

 

 

梅雨の養生法

梅雨の養生法

梅雨の時期のトラブルは湿気により発生します。中医学では水にかかわる臓器(脾・肺・腎)にトラブルがおこりやすくなります。

特に日本は高温多湿の気候なので我々は湿気をためやすい民族です。

頭や体が重だるかったり、ジュクジュクした皮膚の湿疹や、あせも、水虫、体の浮腫み、胃腸の調子が悪く下痢になったりというような症状があらわれます。

そのようなときは、胃に負担をかけないようにしましょう。揚げ物などを控えたり、暴飲暴食にならないように気をつけましょう。

<おすすめ食材>

自然の甘みのあるもの:イモ類・豆類(土に植えると芽が出るもの)

柑橘系の果実部分 香りが気を巡らせ、実は消化機能アップ

うり類 海藻類  からだの余分な水分を排出

山芋   小豆     黒豆    昆布

とうもろこし冬瓜

冬瓜、きゅうり、すいか、緑豆、はと麦などは食べ過ぎると体を冷やしすぎるので気をつけてくださいね。

昔から「晴耕雨読」という言葉があります。雨の日も傘やレインコートなどのおしゃれを楽しんだり、読書や映画を観るのもいいでしょう。

また、食品が傷みやすく食中毒の多い時期です。

長雨の季節ですが工夫して、できるだけ明るく楽しく日々を送ってくださいね。